企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » サーバーリプレースとは? » バックアップ戦略とサーバーリプレース

バックアップ戦略とサーバーリプレース

サーバーリプレースは、企業のITインフラを最新の状態に保ち、性能を向上させるために不可欠です。しかし、このプロセス中にデータを失うリスクも伴います。ここでは、サーバーリプレースプロセス中にデータを保護するためのバックアップ戦略について詳しく解説します。

バックアップの基本原則

成功するバックアップ戦略の基礎となるのは3-2-1のルールです。これは、最低でも3つのデータコピーを2種類の異なるストレージメディアに保存し、そのうち1つはオフサイトに保管するという原則です。このアプローチにより、データ損失のリスクを最小限に抑えることができます。

リプレース前のバックアップ戦略

サーバーリプレースを開始する前に、全データの完全なバックアップを取得することが重要です。重要なデータを特定し、それらのバックアップを優先してください。また、バックアップの完全性と復元能力をテストすることを忘れないようにしましょう。これにより、リプレースプロセス中に何かが間違っても、データを安全に復旧できます。

リプレース中のバックアップ対策

リプレースプロセス中は、リアルタイムでのデータ保護技術を利用することが推奨されます。スナップショットやミラーリングなどの技術を活用することで、データの即時コピーを作成し、移行中のデータ損失を防ぐことができます。さらに、この時期に追加的なバックアップを実施することで、さらなる安全性の確保につながります。

リプレース後のデータ復旧と整合性チェック

新しいサーバーへのデータ移行後は、すべてのデータが正確に転送され、問題なくアクセスできることを確認する必要があります。データの整合性チェックを行い、全てのアプリケーションが新しいサーバー環境で正常に機能することを確認しましょう。これには、必要に応じて一部のデータを復旧するプロセスも含まれます。

サーバーリプレースの手順
担当者が知っておくべきことを解説

長期的なバックアップ戦略の維持

サーバーリプレースが完了した後も、バックアップ戦略は継続的に見直しと調整が必要です。新しいサーバー環境に合わせてバックアッププロトコルを更新し、定期的にレビューを行うことで、データ保護のレベルを常に最高に保つことができます。

まとめ

サーバーリプレースは、企業のデジタル資産を現代の脅威から保護する絶好の機会です。適切なバックアップ戦略を計画し、実行することで、この重要なプロセスを通じてデータを保護し、ビジネスの連続性を確保することが可能になります。

リプレースプロセス中の全ステップでバックアップとデータ保護のベストプラクティスに従うことで、技術的な移行がスムーズに進み、万が一の事態にも迅速に対応できるようになります。

サーバーリプレースは、単に古い機器を新しいものに置き換える作業以上の意味を持ちます。これは、貴社のデータ管理戦略を再評価し、将来にわたって貴社の貴重なデジタル資産を保護するための機会です。今が、バックアップとデータ保護戦略を見直し、必要に応じて専門家の意見を求める時です。効果的なバックアップ戦略を実施することで、サーバーリプレースプロジェクトを成功に導き、ビジネスの未来をより確実なものにしましょう。

サーバーリプレースを検討しているすべての企業にとって、前もっての準備と計画は成功への鍵です。リプレースプロセスを通じてデータを保護することは、企業のITインフラを最新の状態に保つだけでなく、企業の信頼性とレジリエンスを高める上でも極めて重要です。データは現代のビジネスにおいて最も価値のある資産の一つです。そのため、リプレースプロジェクトでは、これらの資産を守るためにすべての手段を講じることが不可欠です。

今日から、貴社のバックアップとデータ保護のアプローチを見直し、サーバーリプレースプロジェクトの成功への第一歩を踏み出しましょう。

“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!