企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » サーバーリプレース支援会社一覧 » IIMヒューマンソリューション

IIMヒューマンソリューション

サーバーやネットワーク機器、ストレージなどのハードウェアリプレース計画を検討中の方、ベンダーにEOSL(サポート保守期限切れ)を勧告されてお困りの方に向けて、IIMヒューマンソリューションの評判や口コミ・導入事例・サービスの特徴などを調査しました。
編集チームが分かりやすくまとめたので、この機会に是非お役立てください。

目次

IIMヒューマンソリューションのリプレース支援サービス

MicrosoftとVMwareの導入実績が豊富

IIMヒューマンソリューションはMicrosoftおよびVMwareのソリューションに関して、100台規模の仮想化基盤の導入実績を持ちます。他にも、数千人規模の仮想デスクトップ環境の構築事例や、数万台のクライアントを管理するADやSCCMの構築事例など、対応実績が豊富です。

参照元:IIMヒューマンソリューション公式サイト (https://www.iimhs.co.jp/services/construction/

サーバーリプレース関連の有資格者が多数在籍

IIMヒューマンソリューションの従業員は、入社後の新人研修でMicrosoftの認定技術資格であるMCPを取得し、新しいサーバOSの知識を習得しています。また、VCP認定者も在籍しており、豊富な知識と経験を持つエンジニアが全ての案件にサポートする体制を整えています。2023年6月現在、83名のMCP取得者数と5名のVCP取得者が在籍しています。

参照元:IIMヒューマンソリューション公式サイト (https://www.iimhs.co.jp/services/construction/

あなたはいくつ知っていますか?
サーバーリプレースに対する
ソリューションを徹底解説

IIMヒューマンソリューションのリプレース事例

顧客の工数削減を徹底

ある建設業者のサーバーリプレース案件で、IIMヒューマンソリューションはリプレース作業全体の進捗管理を社内で一括対応し、顧客の作業負担を軽減しました。進捗報告を含む定例会を毎週開催し、スケジュールに関する認識の相違を防ぐことで、顧客が作業を安心して任せられる環境を整えました。 契約受注からサーバーの納品、構築、移行、新サーバーへの切替までのスケジュールを日々管理し、週次報告を徹底しました。さらに、ベンダーと調整等を含むプロジェクト全体の管理を徹底し、顧客の工数削減に努めました。

参照元:IIMヒューマンソリューション公式サイト (https://www.iimhs.co.jp/cases/2020/01/case173.html

豊富なノウハウを活かしてAWSへの移行をサポート

ある情報サービス業者の案件課題は、社外サービスとの接続やネットワークの構成など複雑な課題を抱えており、外部ベンダーとの調整が必要でした。また、AWSの試験運用において、移行対象の選定や調査が必要でした。課題に対して、IIMヒューマンソリューションはプロジェクト管理業務からAWSのサービス内容の調査や構築作業、既存アプリケーションの移行検証、ベンダーとの作業調整までを担当しました。顧客のシステム利用状況を考慮し、影響度の低い保守環境サーバーを試験運用としてAWSに移行しました。

参照元:IIMヒューマンソリューション公式サイト (https://www.iimhs.co.jp/cases/2021/10/case187.html

IIMヒューマンソリューションの評判・口コミ(お客様の声)

IIMヒューマンソリューションのリプレースに関する評判・口コミは見当たりませんでした。(2023年6月時点)

編集チームまとめ

IIMヒューマンソリューションは、MicrosoftとVMwareのソリューションに関して豊富な実績を持ちます。100台の仮想化基盤、数千人の仮想デスクトップ環境、数万台のクライアント管理などに対応しています。従業員はMCPやVCPの認定を受け、新しいサーバOS知識を持つエンジニアからサポートを受けられます。

当サイトは、ベンダーに「言われてやる」のではなく、企業自らが自主的に進めていくハードウェアのリプレース計画を支援するために生まれた情報メディアです。

サーバー・ネットワーク機器・ストレージ等のハードウェアリプレースに対する基本的な考え方、QAコンテンツ、支援会社31社の調査など、IT担当者に必要なコンテンツだけをまとめました。
5年に一度とも言われる大仕事を成功させましょう!

リプレースは事前準備が鍵!
今から検討すべき
サーバーリプレース対策3選

IIMヒューマンソリューションについて

IIMヒューマン・ソリューションはデジタル変革が進む現代社会で、ITインフラの安定運用と業務のデジタル化を主な事業領域とするIT企業です。2007年に設立されて以降、企業のITインフラの運用、設計、構築において15年以上の実績を誇ります。行政機関のクラウドへの移行、石油会社におけるクラウドサービスを活用したローコード開発の内製化支援などの案件も手がける幅広い対応力が特徴です。

IIMヒューマンソリューションの対応メーカー

VMware VMware Horizon
Microsoft Windows Server、Microsoft Azure

IIMヒューマンソリューションの基本情報

運営会社 IIMヒューマン・ソリューション株式会社
所在地 東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル 5F
TEL 03-4333-1111
URL https://www.iimhs.co.jp/
“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!