企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » サーバーリプレース支援会社一覧 » SCSK

SCSK

サーバーやネットワーク機器、ストレージなどのハードウェアリプレース計画を検討中の方、ベンダーにEOSL(サポート保守期限切れ)を勧告されてお困りの方に向けて、SCSKの評判や口コミ・導入事例・サービスの特徴などを調査しました。
編集チームが分かりやすくまとめたので、この機会に是非お役立てください。

目次

SCSKのリプレース支援サービス

CVOを使用して自社ファイルサーバをAWSに搭載した実績あり

SCSKはクラウドストレージサービスのNetApp CVOを使って、約1万人のユーザーが利用する自社ファイルサーバーをAWS上に構築、移行した社内実績を持ちます。この社内実験では導入後、サーバーのパフォーマンス向上、ディスク容量不足の解消、ハードウェアのEOSLからの脱却などさまざまなメリットが確認されました。実際に社内で実験したノウハウに基づいて、企業のクラウド化を支援しています。

参照元:SCSK公式サイト (https://www.scsk.jp/sp/itpnavi/article/2022/10/netappcvo.html

豊富な実績とノウハウでクラウド化を支援

SCSKはNetApp CVOを活用した自社ファイルサーバ移行プロジェクトで得た経験とノウハウを活かし、企業のクラウド化を積極的にサポートしています。SCSKは長年にわたりNetApp製品の取り扱い経験を持つだけでなく、AWSのプロバイダーとしても活動しており、豊富な知識を持つスペシャリストがチームに在籍しています。オンプレミス型ファイルサーバからクラウドへの移行は、ネットワーク設計の最適化や安全なデータ移行など、複雑な要素を考慮した設計と構築のノウハウが必要です。クラウド化に不安を感じている企業にとって、SCSKは相談しやすいパートナーとなるでしょう。

参照元:SCSK公式サイト (https://www.scsk.jp/sp/itpnavi/article/2022/10/netappcvo.html

あなたはいくつ知っていますか?
サーバーリプレースに対する
ソリューションを徹底解説

SCSKのリプレース事例

わずか7カ月で膨大なデータの移行を実現

大手ゼネコン企業の東急建設では、ファイルサーバーで運用するデータの総量が増加し続けていました。140TBを超える膨大なデータを自社で移行するには3年以上かかるため、ユーザーの事業遂行を阻害しない効率的な移行対象の選択とタイミングの策定が求められました。 この課題に対して、SCSKはDropbox Businessの導入を支援しました。 SCSKの精緻なアセスメントにより、的確なサーバー移行計画が立てられました。わずか7カ月でデータの移行が完了し、ユーザーにもわかりやすい移行プロセスが策定されました。これにより、東急建設は効率的なデータ移行を実現し、長期間の作業負担を回避できました。

参照元:SCSK公式サイト (https://www.scsk.jp/case/case-details/202209tokyu-cnst/index.html

低コストかつ短期間でのクラウド移行

マーケティング専門企業であるtempoでは、オンプレミス環境で稼働している既存サーバーの保守期限が迫り、在宅勤務や社内フリーアドレス化によってサーバーのクラウド化が必要になりました。コストと作業負荷を軽減しながら、短期間でのクラウド移行を目指していました。 低コストかつ短期間でのクラウド移行を実現するため、SCSKのAWS構築・運用ノウハウである「クラウドリファレンスキット for AWS」が採用されました。ガイドラインと自動化ツールを活用し、わずか4カ月のインフラ構築期間で完了しました。また、「パブリッククラウド運用サービス」の導入により、クラウドの運用管理負荷が軽減されました。

参照元:SCSK公式サイト (https://www.scsk.jp/case/case-details/202108dentsu-tempo/index.html

SCSKの評判・口コミ(お客様の声)

データ移行作業フェーズにおけるきめ細かな配慮

SCSKは移行調査シートの作成段階でユーザー部門とのヒアリングを行い、不要な除外フォルダや秘匿フォルダなどを事前に特定してくれました。その後、移行対象の選択やアクセス権を設定し、新規書き込みを停止するタイミングやDropbox Businessでのユーザー追加のタイミング、フォルダの編集可能な状態への戻し方などを工夫し、ユーザーに分かりやすく納得できるプロセスを提供しました。これらの工夫により、Dropbox Businessのスムーズな運用を実現できました。

参照元:SCSK公式サイト (https://www.scsk.jp/case/case-details/202209tokyu-cnst/index.html

迅速なトラブルシューティング

AWSクラウドへの移行では、移行元サーバーの問題によるトラブルが頻繁に発生しましたが、SCSKは迅速に対応し、作業の遅れもなくスムーズに進行しました。また、移行が完了したサーバーはSCSKの『パブリッククラウド運用サービス』を利用して検証段階から稼働状況を監視しました。このサービスの活用が、短期間でのクラウド移行の成功に寄与した要因と考えています。

参照元:SCSK公式サイト (https://www.scsk.jp/case/case-details/202108dentsu-tempo/index.html

編集チームまとめ

SCSKはNetApp CVOを活用し、1万人のユーザーが利用する自社ファイルサーバーをAWS上に構築・移行した実績を持っています。NetAppやAWSの経験豊富なスペシャリストが在籍し、企業のクラウド化を積極的に支援しています。

当サイトは、ベンダーに「言われてやる」のではなく、企業自らが自主的に進めていくハードウェアのリプレース計画を支援するために生まれた情報メディアです。

サーバー・ネットワーク機器・ストレージ等のハードウェアリプレースに対する基本的な考え方、QAコンテンツ、支援会社31社の調査など、IT担当者に必要なコンテンツだけをまとめました。
5年に一度とも言われる大仕事を成功させましょう!

リプレースは事前準備が鍵!
今から検討すべき
サーバーリプレース対策3選

SCSKについて

SCSKはIT専門家として、様々なサービスを提供する企業です。対応業務はコンサルティングから始まり、システム開発・確認、ITインフラ作成・管理、ハードウェアやソフトウェアの販売まで多岐にわたります。SCSKは住友商事グループの一部であるコネクションを活かして、製造業や流通業、金融業などの企業を中心に多くの支援実績を誇り、累計クライアント数は8,000社以上にのぼります。(2023年6月調査時点)

SCSKの対応メーカー

Amazon① Amazon Web Service

SCSKの基本情報

運営会社 SCSK株式会社
所在地 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
TEL 03-5166-2500
URL https://www.scsk.jp/
“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!