企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » サーバーリプレースとは? » サーバーリプレイスプロジェクトのためのプロジェクト管理戦略

サーバーリプレイスプロジェクトのためのプロジェクト管理戦略

サーバーリプレイスは、企業のITインフラを最新の状態に保つために不可欠ですが、その成功はプロジェクト管理に大きく依存します。計画の策定から実行、監視、そして終結に至るまで、各フェーズでの管理力がプロジェクトの成果を左右するのです。

本記事では、サーバーリプレイスプロジェクトを成功に導くためのプロジェクト管理のテクニックについて解説します。

プロジェクト計画の策定

成功への第一歩は、明確で実行可能なプロジェクト計画の策定から始まります。サーバーリプレイスの目的を定義し、実現すべき具体的な成果物を特定します。また、関係者との期待調整を行い、プロジェクトのスコープを厳密に管理することが不可欠です。

リソースの計画

プロジェクトを実行するためには、適切な人材、技術、予算が必要です。人材では、プロジェクトマネージャー、ITスペシャリスト、サポートスタッフなど、プロジェクトの各段階で必要なスキルセットを持つメンバーを選定します。技術リソースには、新しいサーバー機器、ソフトウェア、およびその他のITインフラが含まれます。予算計画には、機器購入費、人件費、維持管理費など、プロジェクトの全期間で発生するすべてのコストを見積もることが含まれます。

リスク管理

どんなプロジェクトにもリスクは存在します。リスク管理プロセスでは、プロジェクトに潜む潜在的な問題を特定し、それらがプロジェクトの成果に与える影響を想定します。たとえば、サプライチェーンの遅延、技術的な障害、予算超過などが考えられます。これらのリスクに対しては、回避、軽減、受容、転嫁などの戦略を計画に含めることで、リスクの影響を最小限に抑えることにつながります。

タイムラインの設定

プロジェクトの全体的なタイムラインを設定することは、期限内にプロジェクトを完成させるために不可欠です。各主要タスクに対して現実的な期限を設け、それぞれの依存関係を考慮に入れます。

タイムラインは、プロジェクトのマイルストーンを視覚化し、進捗を容易に追跡できるようにするためにも役立ちます。これにより、プロジェクトが予定通りに進行しているか、調整が必要かを迅速に判断で量になるのです。

これらの詳細な計画段階を通じて、サーバーリプレイスプロジェクトを効果的に管理し、目標達成を確実にするための土台を築くことができます。プロジェクト計画がしっかりしていると、プロジェクトの実行中に遭遇するであろう挑戦や問題に対しても、柔軟かつ迅速に対応することが可能となります。適切な計画は、プロジェクトチームが一丸となって目標に向かって努力するための明確なロードマップを策定しましょう。

実行段階のプロジェクト管理

計画が完了したら、実行段階へと移行します。このフェーズでは、計画に従ってタスクが遂行されるよう、日々の管理が求められます。

タスク管理

タスク管理は、サーバーリプレイスプロジェクトの中心的な部分であり、割り当てられた各タスクの進行状況を継続的に追跡し管理するプロセスです。以下のステップに従って実行します

  • タスク割り当て: 各チームメンバーに明確な役割と責任を割り当て、期待される成果物を確認しておきます。
  • 進捗のモニタリング: 定期的にタスクの進捗状況をチェックし、計画通りに進んでいるか確認します。進捗状況は、プロジェクト管理ツールを使用して視覚的に追跡することが一般的です。
  • 問題対応: タスクに遅れが生じた場合、原因を究明し、必要なリソースの再配分やスケジュールの調整を行います。迅速な対応により、プロジェクト全体の遅延を防ぎます。

品質管理

品質管理は、サーバー設定やデータ移行がプロジェクトの品質基準に沿って行われているかを保証するために不可欠です。品質管理のプロセスには以下が含まれます

  • 品質基準の設定: プロジェクトの開始時に、達成すべき品質基準を明確に設定します。
  • 定期的なレビュー: プロジェクトの各フェーズで成果物をレビューし、設定した品質基準に達しているか確認します。
  • 品質監査: 独立した品質監査チームによる定期的な監査を行い、客観的な評価を通じて品質を保証します。
  • 継続的改善: 品質問題が特定された場合、その原因を分析し、プロセスの改善を図ります。

ステークホルダーとのコミュニケーション

ステークホルダーとの効果的なコミュニケーションは、プロジェクトの透明性を保ち、関係者間の信頼を築くために重要です。

  • 定期的なアップデート: プロジェクトの進捗について定期的に報告会を開催し、ステークホルダーに最新の情報を提供します。
  • 透明性の確保: プロジェクトの成功だけでなく、遭遇する問題や遅延についてもオープンにコミュニケーションを取ります。
  • フィードバックの収集: ステークホルダーからのフィードバックを積極的に求め、それをプロジェクトの改善に活かします。

これらのプロジェクト管理の要素を適切に実行することで、サーバーリプレイスプロジェクトは円滑に進行し、期待される結果の達成につながります。進捗のモニタリング、品質の維持、そしてステークホルダーとの有効なコミュニケーションは、プロジェクトの透明性を高め、予期せぬ問題に迅速に対応するために不可欠です。これにより、プロジェクトチームは必要な調整をタイムリーに行い、プロジェクトの成功に向けて前進し続けることができるでしょう。

監視と制御

プロジェクトの健全性を維持するためには、効果的な監視と制御が必要です。使用するツールやテクニックによって、プロジェクトマネージャーはリアルタイムでデータを分析し、必要に応じて調整を行うことができます。

進捗報告

プロジェクトの進行状況を定期的に評価し、その情報をすべてのプロジェクト関係者に共有することが不可欠です。これにより、プロジェクトの透明性が保たれ、ステークホルダーはプロジェクトの現状を常に把握することができます。

  • 頻度の設定: 進捗報告の頻度はプロジェクトの規模や複雑性に応じて設定します。例えば、週次または月次でのアップデートが一般的です。
  • フォーマットと内容: 進捗報告は、進行中の作業、完了したタスク、次の期間の計画、および把握されたリスクや問題を含むべきです。視覚的なエレメント(グラフやチャート)を含めると、情報がより理解しやすくなります。
  • ツールの利用: 進捗報告には、プロジェクト管理ソフトウェア(例えば、Microsoft Project、Asana、Trello)を活用することが効果的です。これらのツールはデータの追跡と報告を自動化し、効率を向上させます。

パフォーマンスの評価

プロジェクトのパフォーマンスを定期的に評価し、設定された目標に対する達成度を測定します。これにはKPI(重要業績評価指標)の設定が含まれます。

  • KPIの設定: KPIはプロジェクトの特定の側面に焦点を当てた測定基準です。例えば、予算内での作業完了率、品質達成指標、タイムライン内での納期達成率などがあります。
  • データ収集と分析: プロジェクト管理ツールを使用して収集したデータを基に、パフォーマンスを定量的に評価します。データは定期的にレビューし、分析することで、改善点や調整が必要なエリアを特定します。
  • フィードバックと改善: パフォーマンス評価の結果は、プロジェクトチームにフィードバックとして提供され、必要に応じてプロジェクト計画の改善や調整を行います。

これらの監視と制御のプロセスを通じて、プロジェクトマネージャーはプロジェクトが計画通りに進行しているかを確認し、必要に応じて迅速な対応を行うことが可能となります。これにより、プロジェクトの成功確率が高まり、期待される成果を達成につながるでしょう。

プロジェクトクローズとレビュー

プロジェクトの終結には、成果の評価と文書化されたフィードバックが必要です。このフェーズは、プロジェクトが目標を達成したかを確認し、将来のプロジェクトに活かせる学びを得るための重要な機会です。

成果物の検証

プロジェクトの成果物が初めに設定されたビジネス要件と技術仕様を満たしているかの確認は、プロジェクトクローズの基本です。このプロセスには以下のステップが含まれます

  • 成果物のチェックリスト: プロジェクト開始時に定義した成果物のリストとその要件を再確認し、それぞれが適切に完了しているかを検証します。
  • 機能テスト: 新しく導入または更新されたサーバー設備の動作テストを行い、すべてが正常に機能することを保証します。
  • ユーザーアクセプタンステスト: 最終的なユーザーが実際にシステムを使用して、期待されたタスクを遂行できるかをテストします。

ドキュメンテーション

プロジェクトで得られた知識と経験は貴重な資産です。これを文書化することで、同様のプロジェクトや将来の参照のために情報を保持し、アクセス可能にします。

  • 方法論の記録: プロジェクトを通じて使用した具体的な方法やプロセスを詳細に記録します。
  • 問題と解決策の文書化: 遭遇した問題とその解決策を具体的に記述し、同じ問題を避けるための教訓として活用します。
  • プロジェクトの成果と失敗の分析: 成功した点と改善が必要だった点を明確にし、その原因と結果を分析します。

クロージングミーティング

プロジェクトの終了を公式にするために、プロジェクトチームとステークホルダーが集まり、プロジェクトの成果をレビューし、経験から学んだ点を共有します。

  • 成果の共有: プロジェクトの成果を詳細にレビューし、達成された目標と未達の目標について議論します。
  • フィードバックの収集: チームメンバーとステークホルダーからのフィードバックを収集し、それを基にプロジェクト管理プロセスの改善点を識別します。
  • 次へのステップ: 成功を基に構築するための具体的なステップや、必要な改善策についての計画を策定します。

まとめ

サーバーリプレイスプロジェクトを成功に導くためには、厳密なプロジェクト管理が必要です。効果的な計画、適切な実行、連続的な監視、そして的確なプロジェクトクローズが必須です。

適切なプロジェクト管理により、サーバーリプレイスプロジェクトはスムーズに進行し、予定通りの成果を得ることができます。プロジェクトの成功は、ただ技術的な問題を解決するだけでなく、組織全体の運用効率を向上させ、長期的なビジネス価値を創出することに貢献します。

“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!