企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » リプレース対応手段の種類 » リプレースにおけるクラウド化(仮想化)とは

リプレースにおけるクラウド化(仮想化)とは

拡張性の高い環境構築が可能なクラウドサーバー。リプレースをきっかけに、自社運用(オンプレミス)からクラウド化(仮想化)を検討している方も少なくないでしょう。
ここでは、クラウド化(仮想化)のメリットや注意点について解説します。

クラウド化(仮想化)のメリット

メンテナンスの負担が少ない

大きなメリットとしては、サーバーのメンテナンスリソースを削減できる点があります。
オンプレミスの場合、サーバーの保守運営は基本的に自社で対応しなくてはいけません。障害が発生した時は、自社で復旧作業をする必要があります。

一方クラウド環境では、サーバーを提供する事業者が基本的な保守を行います。障害発生時の復旧も任せられるため、自社で対応する必要がありません。

初期投資が抑えられる

また、初期投資を抑えられる点もクラウド化(仮想化)のメリットといえます。
初期費用無料のサービスが多い上に、ハードウェアに関する製品の購入が不要です。費用は従量課金制か、容量に応じたプランを決めて支払う月額制が多いです。

クラウド化(仮想化)のデメリット・注意点

カスタマイズの柔軟性が低い

サーバーをクラウド化(仮想化)した場合、カスタマイズの柔軟性が低下することに注意が必要です。
オンプレ環境のリプレースは自社の環境・要件に合わせて柔軟にカスタマイズできる一方で、クラウド環境ではカスタマイズが難しく、場合によってはスペックを持て余す可能性もあります。

セキュリティリスクやダウンタイム問題

オンプレミスの場合は外部のネットワークと切り離して運用することも可能ですが、インターネット経由で利用するクラウド環境は、ウイルスなどの外部攻撃にさらされるリスクがあります。

また、何か問題が発生した場合はサーバーを一度止めて障害対応(メンテナンス)を行う=ダウンタイムが発生するため、そのリスクヘッジ策も検討する必要があるでしょう。

必ずしもコスト削減できるとは限らない

クラウドサーバーは従量課金制が多いため、長期的なランニングコストを踏まえて検討することが重要です。利用時間やデータの利用料によっては、リプレース前よりも総費用が高くなる可能性があります。

クラウド化(仮想化)が効果的なケース

保守リソースを負担に感じている場合

サーバーの保守が負担になっているのであれば、クラウド化(仮想化)を検討してみるとよいでしょう。
クラウドサーバーは、基本的な保守や復旧作業を事業者側が行うため、自社で担当者・部門を設置したり、外部委託したりする必要がないため、人的リソースもカットできます。

拡張性を重要視する場合

スピーディーなサーバーの台数(容量)/スペック変更が要求される場合も、クラウド化(仮想化)が適しています。
クラウドの場合、オンライン上ですぐにサーバー台数の増減や、スペックの変更が可能
サーバーの調達や設置、キッティングが不要なため、スピーディーな改修ができるでしょう。

編集チームのまとめ

DXが叫ばれる昨今で話題のクラウド化(仮想化)について解説しました。メンテナンス性と拡張性に優れているため、自社の環境・条件によっては真っ先に検討すべきソリューションと言えるかもしれません。
ITへの投資=手間とコストは、かけるべきタイミングが重要です。しっかり見極めましょう。

当メディアは、サーバーリプレースをはじめとするITインフラの整備に悩める企業担当者に向けて、基礎知識からプロジェクトの進め方まで役立つ情報をまとめています。

トップページでは、コスト削減やセキュリティ改善、システム刷新などリプレースにまつわる目的別手段の解説や、それが得意なおすすめの会社もご紹介していますので、是非お役立てください。

ベンダー担当者より役に立つ!?
サーバーリプレースお助けガイド

“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!