企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » サーバーリプレース支援会社一覧 » 富士ソフト

富士ソフト

サーバーやネットワーク機器、ストレージなどのハードウェアリプレース計画を検討中の方、ベンダーにEOSL(サポート保守期限切れ)を勧告されてお困りの方に向けて、富士ソフトの評判や口コミ・導入事例・サービスの特徴などを調査しました。
編集チームが分かりやすくまとめたので、この機会に是非お役立てください。

目次

富士ソフトのリプレース支援サービス

VMwareを軸に据えた柔軟なサーバーリプレース

富士ソフトはハードウェアのリプレースに際して、VMware製のIaaSである「vCloud Air」をメインに解決策を提案します。vCloud Airを活用すればオンプレミスの仮想環境をそのまま移行でき、リプレースに伴う初期費用や運用コストを大幅に削減可能です。 さらに、現在運用しているvSphere環境も、仮想マシンを含めて完全に「vCloud Air」上のクラウドリソースへ移行できます。社内のハードウェア運用をクラウド側にオフロードすれば、ハードウェア更新やvSphereバージョンアップに伴う工数を削減できます。 富士ソフトではVMware製品の提供や構築に加えて、他の仮想化ソリューションとの連携も可能です。

参照元:富士ソフト公式サイト (https://www.fsi.co.jp/solution/vmware/advantage/column/column7.html

VMwareとWindows 10を組み合わせた仮想化サービス

富士ソフトはVMwareソリューションを得意とし、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)に取り組みブランド力を高めました。現在、富士ソフトはMicrosoft AzureのIaaS上でVMware Horizonを利用できる新サービス「VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure」、通称VDIにチャレンジしています。VDIの活用には多様な目的があり、富士ソフトの競合優位性を高める重要な武器となっています。

参照元:富士ソフト公式サイト(https://www.fsi.co.jp/solution/vmware/advantage/content/content3.html

あなたはいくつ知っていますか?
サーバーリプレースに対する
ソリューションを徹底解説

富士ソフトのリプレース事例

ネットワークの仮想化と最適化をサポート

東急建設は富士ソフトとの協力により、稟議・決裁システムやBIシステムなどの業務システムのVMware仮想化基盤を刷新し、インフラ環境の最適化と高度化を推進しました。新仮想化基盤では、VMware NSXを活用してネットワーク仮想化を実現し、セキュリティの強化と運用管理の効率化を図りました。これにより、システムの性能問題が解消され、ネットワークセキュリティが強化されました。また、コスト削減効果も得られ、ハードウェアコストが約1/3に削減されました。東急建設は富士ソフトの支援に感謝し、仮想化基盤を次のステップに進めることができました。

参照元:富士ソフト公式サイト (https://www.fsi.co.jp/solution/vmware/case/case01.html

セキュリティと安定稼働を重視したリプレースを実現

さまざまな市場調査を手掛ける富士経済は、情報の厳格管理とセキュリティ向上を目的として2008年にシンクライアントを導入しました。富士ソフトによる導入支援をうけながら、VMware Horizonを使用してVDI環境を構築し、社外アクセスとマルチデバイス対応を実現しました。その後、システムの集約、ストレージの変更、VDIライセンスの導入などもスムーズに実施し、コスト削減とグループ全体へのVDI拡大を実現しました。

参照元:富士ソフト公式サイト (https://www.fsi.co.jp/solution/vmware/case/case02.html

富士ソフトの評判・口コミ(お客様の声)

スムーズなサーバーリプレースを実現できた

重要な業務システム群の移行をスムーズに進めてくれた富士ソフトには大いに感謝しています。また、NSXの導入によって、仮想化基盤をさらに次のステップに進められたことも大きな成果と言えますね

引用元:富士ソフト公式サイト (https://www.fsi.co.jp/solution/vmware/case/case01.html

担当者が業務に入り込んでマスタを作成してくれた

業務内容やVDIに求める要件などは各社で微妙に異なるため、グループとしてどこまで共通化できるか各社との調整が必要でした。今回のプロジェクトの成功は、VMware vExpertである富士ソフトのプロジェクトマネージャーが業務に深く入り込むことで、各社の要求を満たすマスタのイメージを作り込んでくれたおかげだと考えています

参照元:富士ソフト公式サイト (https://www.fsi.co.jp/solution/vmware/case/case02.html

編集チームまとめ

富士ソフトのハードウェアリプレースは、VMwareの「vCloud Air」を活用した提案が得意です。VMware製品の提供と構築に加え、他の仮想化ソリューションとも連携にも対応しています。VMware Horizon Cloud on Microsoft Azureも導入しているため、Azureを使い慣れている企業にとっては心強い業者といえます。

当サイトは、ベンダーに「言われてやる」のではなく、企業自らが自主的に進めていくハードウェアのリプレース計画を支援するために生まれた情報メディアです。

サーバー・ネットワーク機器・ストレージ等のハードウェアリプレースに対する基本的な考え方、QAコンテンツ、支援会社31社の調査など、IT担当者に必要なコンテンツだけをまとめました。
5年に一度とも言われる大仕事を成功させましょう!

リプレースは事前準備が鍵!
今から検討すべき
サーバーリプレース対策3選

富士ソフトについて

富士ソフトは最先端の技術領域として「AI」「IoT」「Security」「Cloud」「Robot」の5つを掲げ、積極的に取り組んでいるIT企業です。組込制御系や業務系に偏ることなく、広範なビジネス領域においてICTのリーディングカンパニーとして活動しています。多様な技術と業務ノウハウを組み合わせ、コミュニケーションロボットの「PALRO」やペーパレス会議システムの「moreNOTE」など、付加価値の高いサービスや製品を創造しています。

富士ソフトの対応メーカー

VMware vCloud Air
Microsoft Microsoft Azure

富士ソフトの基本情報

運営会社 富士ソフト株式会社
所在地 神奈川県横浜市中区桜木町1-1
TEL 045-650-8811
URL https://www.fsi.co.jp/
“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!