企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » リプレース対応手段の種類 » リプレースにおける「マイグレーション」とは

リプレースにおける「マイグレーション」とは

マイグレーションとは?

マイグレーションは、ハードウェアやソフトウェア、データベースなどを別の環境(プラットフォーム)へと移転・移行することを意味します。

マイグレーションの最たる例として、オンプレミス(自社サーバー)からクラウドへの移行が挙げられます。
いわゆる「レガシーシステム」をモダナイズする際、「環境ごと変えてしまおう」という試みがマイグレーションの趣旨です。

マイグレーションとリプレースの関係

IT環境改善プロジェクトの選択肢のひとつとして、プラットフォーム基盤の刷新まで含まれる場合はマイグレーションと言えるでしょう。

マイグレーションは、サーバー環境だけでなく、OSやシステムも別のものへと移行する場合があります。
一方、OSやシステムなど基盤となる部分は変えず、既存と同等かそれ以上の機能を持つハードウェア環境に置き換える場合は単にリプレースと呼ばれることが多いです。

マイグレーションの種類

マイグレーションが「環境刷新」であることは間違いないですが、手法によっていくつか分類することができます。

  • リライト(言語の書き換え)

    COBOLなど開発当時の主流言語で構成されたシステム群を、新しい開発言語で書き直すことを指します。
    対応OSの増加やセキュリティ向上が期待できる上に、ユーザーの使用感が大きく変わることが無いというメリットがあります。
    反面、作業自体の大幅な効率改善は見込めない可能性もあります。

  • リホスト(サーバー載せ替え)

    メインフレーム上で動いていたソフトウェアを、クラウドサーバーなどのオープンプラットフォームに載せ替える手法を指します。
    メンテナンス性の向上などが期待できる反面、ネックとしては、サーバー互換性の問題を解決する必要があります。

  • リビルド(再構築)

    文字通りすべて一から作り直すことを指します。
    もっともコストと手間がかかりますが、本来の目的をこなすだけでなく、効率化できるところを見直し、拡張性にも優れた新しいシステムに再設計することができます。
    ただし、現場組織への浸透など、環境開発だけでなく全社的に推進していく必要性もあります。

マイグレーションが適しているケース

属人化した環境から脱却したい

「システム環境が古すぎる」「当時開発に関わっていた担当者がいない」「もはや何故動いているのか分からない」
たびたびこのような現場を耳にしますが、誰もメンテナンスできない環境をそのまま放置しておくのは危険です。

マイグレーションによって環境を刷新してより良くすることはもちろんですが、改めて仕様書やマニュアルも再構築することで、誰もが分かりやすい環境を整えたり、半自動化によって人的コストを下げたりと、次世代への準備にも繋げることができるでしょう。

クラウド化したい

オンプレミスからクラウドへ移行したい時もマイグレーションが適しています。
ただし、互換性の問題や、オープンネットワークならではのセキュリティリスクやダウンタイムなども考慮する必要があります。

小規模環境で試したい

スタートアップ企業や小規模部署で行う場合、自由度の高い要件定義が可能であったり、影響範囲が小さかったりと、マイグレーション施策によるリスクを抑えることができます。

ただし、その分スケールメリットも小さくなるため、かけたコストの割には劇的な改善が起こらないということも考慮すべきでしょう。
試験的に実施した後、上手くいきそうであれば全社的に波及させる計画をあらかじめ立てておく等して臨みましょう。

編集チームのまとめ

環境を大幅に変えて未来へ投資するマイグレーションについて解説しました。
ITへの投資=手間とコストは、かけるべきタイミングが重要です。しっかり見極めましょう。

当メディアは、サーバーリプレースをはじめとするITインフラの整備に悩める企業担当者に向けて、基礎知識からプロジェクトの進め方まで役立つ情報をまとめています。

トップページでは、コスト削減やセキュリティ改善、システム刷新などリプレースにまつわる目的別手段の解説や、それが得意なおすすめの会社もご紹介していますので、是非お役立てください。

ベンダー担当者より役に立つ!?
サーバーリプレースお助けガイド

“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!