企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » サーバーリプレース支援会社一覧 » エスエーティ

エスエーティ

サーバーやネットワーク機器、ストレージなどのハードウェアリプレース計画を検討中の方、ベンダーにEOSL(サポート保守期限切れ)を勧告されてお困りの方に向けて、エスエーティの評判や口コミ・導入事例・サービスの特徴などを調査しました。
編集チームが分かりやすくまとめたので、この機会に是非お役立てください。

目次

エスエーティのリプレース支援サービス

EOSLの延命保守を行う第三者保守サービス

IT機器メーカーが提供するサポート期間は通常5~7年と設定されています。サポート期間を過ぎると、アップデートや修理対応、不具合の修正などの各種サポートを受けることができなくなります。こうしたサポート期間終了後のIT機器に対して、メーカー以外のサードパーティ企業が保守サービスを提供するのが、エスエーティの第三者保守サービスです。 エスエーティにはIT機器メーカーでの保守経験を持つエンジニアが在籍しており、年間1,700件以上の障害解析データをナレッジとして蓄積し、保守に活用しています。また、24時間365日体制で障害コール対応や部材のデリバリー、オンサイト対応(設置場所への訪問)を行っているため、緊急時にも安心して対応してもらえます。

参照元:エスエーティ (https://www.sat-corp.jp/maintenance/s4p

多くのメーカーに対応

エスエーティは45社以上のITメーカー、1,585以上の機種を取り扱っており、パーツレベルに至るまで被疑箇所の特定が可能です。NEC、富士通、HPE、IBM/Lenovo、日立、DELL、NetAppなどの大手メーカーからニッチな機種まで対応できるうえ、対応可能機種は公式サイトであらかじめ検索できるため、自社が導入しているIT製品の第三者保守を依頼できるかどうか事前に確認できます。

参照元:エスエーティ (https://www.sat-corp.jp/maintenance/list

あなたはいくつ知っていますか?
サーバーリプレースに対する
ソリューションを徹底解説

エスエーティのリプレース事例

エスエーティ公式サイトでリプレースに関する事例は見当たりませんでした。(2023年6月時点)

エスエーティの評判・口コミ(お客様の声)

エステーティのリプレースに関する評判・口コミは見当たりませんでした。(2023年6月時点)

編集チームまとめ

エスエーティの第三者保守サービスでは、経験豊富なエンジニアが保守に取り組み、24/7の対応体制で障害コール対応やオンサイト対応も行います。45社以上のメーカーや1,585以上の機種を取り扱うため、ニッチなIT機器でも対応可能です。

当サイトは、ベンダーに「言われてやる」のではなく、企業自らが自主的に進めていくハードウェアのリプレース計画を支援するために生まれた情報メディアです。

サーバー・ネットワーク機器・ストレージ等のハードウェアリプレースに対する基本的な考え方、QAコンテンツ、支援会社31社の調査など、IT担当者に必要なコンテンツだけをまとめました。
5年に一度とも言われる大仕事を成功させましょう!

リプレースは事前準備が鍵!
今から検討すべき
サーバーリプレース対策3選

エスエーティについて

エスエーティは2006年の設立以来、サン・マイクロシステムズ製品を対象に保守サービスを提供しているIT企業です。長年にわたり蓄積したITハードウェアに関する専門知識に基づいて、延命保守を含むハードウェアのメンテナンスや、要件定義から設計まで対応するシステム設計サービスを手掛けます。さらに、顧客の要望にシステム構築サービスや、サーバーおよびネットワーク機器の監視や障害対応を手掛ける運用サービスも展開しています。

エスエーティの対応メーカー

ORACLE(Sun) X86サーバ、X86ブレードサーバ、SPARCサーバ
HPE Integrity rxシリーズ、ProLiantシリーズ、BLシリーズ
DELL PowerEdgeシリーズ、XC640xd、XC740xd、OEMR XL R720
IBM/Lenovo System xシリーズ、BladeCenterシリーズ、FlexSystemシリーズ、Power serverシリーズ、ThinkServerシリーズ、
富士通 PRIMEPOWERシリーズ、PRIMERGYシリーズ、SPARC Enterpriseシリーズ、SPARCシリーズ
日立 HA8000シリーズ、HA8500シリーズ、BSシリーズ、EPシリーズ、
NEC Expressシリーズ、NX7700iシリーズ

エスエーティの基本情報

運営会社 株式会社エスエーティ
所在地 東京都府中市府中町二丁目10-10 多磨ビル
TEL 042-406-5280
URL https://www.sat-corp.jp/
“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!