企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » リプレース対応手段の種類 » リプレースにおけるレンタルサーバーの役割とは

リプレースにおけるレンタルサーバーの役割とは

サーバーをリプレースする場合、メーカー・ベンダーから本体を購入し、自社で運用・保守するケースも珍しくありません。しかし、コストや保守の負担を減らしたいのであれば、レンタルサーバーという手段もあります。ここでは、レンタルサーバーのメリットやデメリット、リプレースが有効なケースなどを解説します。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーは、サービス事業者が貸し出しているサーバーのことをいいます。大別して共用サーバーと専用サーバーの2種類があります。

借りる側はサーバー本体を購入する必要がなく、初期費用と月額費用のみで利用できるのが一般的です。サーバーの保守も事業者側が行いますので、保守サービスを探したり、EOSLを気にしたりする必要はありません。

レンタルサーバーのメリット

レンタルサーバーには、通常のリプレースとは異なるメリットがあります。

サーバーの保守が不要

レンタルサーバーは、事業者がサーバーの保守やメンテナンスを行います。自社で対応せずに済みますので、システムの運用に専念できます。保守担当者の配置や、メーカー・第三者保守も不要になります。

サーバーを購入しなくて済む

レンタルサーバーを利用すれば、サーバー本体を購入する必要がありません。コストは初期費用と月々の利用料のみで済みます。数十万円のサーバー購入費用を抑えられるほか、数年に1度のリプレースも不要になります。

レンタルサーバーのデメリット

一方、レンタルサーバーにも少なからずデメリットがあります。

ハードウェアの変更ができない

レンタルサーバーのデメリットとして挙げられるのがハードウェアの変更です。自社でサーバーを購入した場合、要件に合わせてハードウェアを構築・変更できます。
一方、レンタルサーバーはスペックが決まっており、勝手に仕様を変更することができません。もし現在より高いスペックが求められる場合、プラン変更や他社への移行が必要です。

サポートは事業者次第

レンタルサーバーのサポート体制は事業者次第です。サポートが充実している事業者もあれば、必要最低限のサポートしか提供していない事業者もあります。レンタルサーバーを契約する場合、サポート体制はしっかりチェックしておきましょう。

他者の影響を受ける

共用サーバーの場合、複数人で1台のサーバーを利用するため、他者の影響を受ける点に注意が必要です。他者が負荷のかかるシステムを稼働させると、自社のシステムの動作が遅くなることがあります。一方、自社のシステムが他者に影響を与える場合もあるので注意しましょう。

レンタルサーバーが有効なケース

以下に当てはまる場合、レンタルサーバーを使ったリプレースがおすすめです。デメリットも考慮しつつ、社内で検討してみましょう。

コストを抑えたい

サーバーの購入費用や運用コストを抑えたい場合、レンタルサーバーが適しています。レンタルサーバーは月額費用しかかからないため、自社で運用する場合と比べコストを削減できる可能性があります。

保守まで手が回らない

保守担当者がいない、予算的に外部委託が難しいなど、保守まで手を回せない時もレンタルサーバーを検討しましょう。サーバーの保守・メンテナンスは事業者側が実施します。ただし、メンテナンスのタイミングは事業者によりますので、通知が来たら社内で共有しておきましょう。

編集チームのまとめ

日々進化を続けるレンタルサーバーに関するサービスについて解説しました。
ITへの投資=手間とコストは、かけるべきタイミングが重要です。しっかり見極めましょう。

当メディアは、サーバーリプレースをはじめとするITインフラの整備に悩める企業担当者に向けて、基礎知識からプロジェクトの進め方まで役立つ情報をまとめています。

トップページでは、コスト削減やセキュリティ改善、システム刷新などリプレースにまつわる目的別手段の解説や、それが得意なおすすめの会社もご紹介していますので、是非お役立てください。

ベンダー担当者より役に立つ!?
サーバーリプレースお助けガイド

“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!