企業主導のサーバーリプレースを応援するメディア|サバリプ » サーバーリプレースとは? » データセンターの進化とサーバーリプレースの最新トレンド

データセンターの進化とサーバーリプレースの最新トレンド

データセンター技術は、ビジネスの成長と直接的に関連し、企業の情報インフラの中心を担っています。技術革新は急速に進行し、データセンター運用の方法にも大きな変化をもたらしています。

この記事では、データセンターの技術進化とその進化がサーバーリプレースのトレンドにどのように影響を与えているかを掘り下げます。

データセンター技術の歴史的変遷

データセンターの初期構築から現在に至るまで、その形態は大きく進化してきました。初期の大規模な物理サーバーから、より効率的でスケーラブルな仮想化技術、そしてクラウドベースのサービスへと変遷しています。この進化は、組織の運用コスト削減、スペースの最適化、エネルギー消費の低減に寄与しました。

現在のデータセンタートレンド

現代のデータセンターは、以下のようなトレンドによって形成されています

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、物理的なデータセンターから独立した形でコンピューティングリソース(サーバー、ストレージ、データベース、ネットワーキング、ソフトウェアなど)を提供します。これにより、企業は自身のデータセンターに大規模な設備投資をせずとも、必要に応じてリソースを利用し、スケールアップやスケールダウンが容易に行えます。また、クラウドサービスは全世界の複数のデータセンターに分散して運用されるため、高い可用性と災害復旧能力を持つ点も大きなメリットです。

仮想化

仮想化技術は、一台の物理的なサーバー上で複数の仮想マシン(VM)を動作させることを可能にします。これにより、各VMが独立したサーバーとして機能し、アプリケーション間の干渉を避けつつ、ハードウェアリソースを効率的に共有できます。サーバーの数を削減することで、エネルギー消費、冷却コスト、スペース使用量が減少し、運用効率が大幅に向上し、さらに仮想化はデプロイメントの迅速化や管理の簡易化も促進します。

エネルギー効率の向上

データセンターは消費エネルギー量が非常に大きいため、エネルギー効率の向上はコスト削減だけでなく、環境負荷低減の観点からも重要です。最新のデータセンターは、高効率の冷却システム、エネルギー消費を最適化するための先進的な管理ソフトウェア、そして再生可能エネルギーの利用拡大により、エネルギー効率を向上させています。また、新しいサーバーハードウェアは省エネルギー設計が施されており、従来のモデルと比較して大幅に電力消費を削減することに成功しています。

セキュリティ強化

データセンターのセキュリティ強化は、サイバー攻撃の増加とともにますます重要になっています。最新のデータセンターは、物理的なセキュリティ対策として厳重なアクセス制御や監視カメラの設置、技術的な対策としてはファイアウォール、侵入検知システム、データ暗号化など、多層的なセキュリティ対策を実施しています。これにより、データの機密性、完全性、利用可能性を保護し、ビジネスと顧客情報を守っています。

これらのトレンドは、データセンターの運用を効率化し、さらにはビジネスの持続可能性に貢献しています。エンタープライズレベルでは、これらの技術的進歩を取り入れることで、運用コストの削減、リソースの最適化、そして最終的には顧客満足度の向上を実現しています。また、セキュリティの強化は企業の信頼性を高め、ビジネスのリスクを軽減します。

サーバーリプレースに影響する最新技術

サーバーリプレースは、これらの技術トレンドに大きく影響を受けています。特に、エッジコンピューティングの台頭やAIによるサーバー管理の自動化は、データセンターの運用方法を根本から変えています。これらの技術は、サーバーリプレースの頻度を減少させるか、あるいは完全に新しいタイプのサーバー導入へとシフトさせる可能性も持っています。

サーバーリプレースの戦略と計画

サーバーリプレースの計画において重要なのは、将来の技術発展を見据えた柔軟な対応です。最新のトレンドを踏まえたリプレース計画は、リスク管理を効果的に行いながら、コストを抑え、運用の効率を最大限に高めることを目指すことが大切です。

今後の展望と予測

将来のデータセンターは、さらに技術的な変革が予想されます。AIの進化や量子コンピューティングの実用化が進むにつれて、データセンターの運用はより高速で効率的なものになり、リアルタイムデータ処理の可能性が拡大するでしょう。これらの技術は、サーバーリプレースの頻度や方法にも大きな変化をもたらすと考えられます。

また、持続可能なデータセンターへの需要が高まる中、エネルギー消費を抑える新しい冷却技術や、再生可能エネルギーの利用拡大が推進されます。データセンターの未来は、エコロジーとテクノロジーが融合した形で進化していくことが予測されます。

まとめ

データセンターの進化は、単に新しい技術を取り入れること以上の意味を持ちます。それは、ビジネスプロセスを革新し、市場での競争力を維持するための戦略的な取り組みです。サーバーリプレースのトレンドを理解し、適応することで、企業は最新の技術革新を取り入れつつ、効率的で持続可能な運用が可能となります。

IT管理者や意思決定者は、データセンターの進化に対応するために、最新のサーバーリプレーストレンドを把握し、将来のビジネスニーズに合わせた適切なインフラ戦略を策定することが、企業の長期的な発展の鍵となるでしょう。

“提案ありき”のプロジェクトからから脱却
企業主導のサーバーリプレース
ソリューション3選
SOLUTION

それぞれの目的や課題に合わせた適切なソリューションを選ぶことが企業にとっての最善策。
「言われるがまま」のリプレースにしないための施策を、おすすめのパートナーと併せて3つご紹介します。

機能はそのまま
コストを削減
リファービッシュ
リファービッシュ
こんな方に
  • コスト削減が最優先
  • 載せ替えリスクも最小限にしたい
  • 一部の古い機器のみ変えたい
さらに

あえて新製品への乗り換えをせず、再生品を用いて“繋ぐリプレース”を行うことで、浮いた予算を攻めの投資に使うことも可能です。

おすすめの会社は…

株式会社フィールドワン

様々なメーカーの再生品在庫を持ち、古い機種や珍しい機種にも対応。40年の実績から柔軟な代替提案も可能です。第三者保守サービスも行っているため、運用保守のランニングコストも大幅に削減できます。

フィールドワンの
特徴をさらに詳しく

フィールドワン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

管理拠点を移して
自社負荷を軽減
コロケーション
コロケーション
こんな方に
  • 運用保守・メンテナンスを任せたい
  • セキュリティレベルを高めたい
  • 災害リスクなども心配
さらに

自社から移すことで堅牢性が高まるだけでなく、サーバールームに充てていたスペースを有効活用することも可能です。

おすすめの会社は…

MCデジタル・リアルティ株式会社

国内6か所・世界50か所にDCを持ち、うち国内2か所にある大型キャンパスDCではハイパースケールDCとして大容量電力&1ラックあたり6~15kWの高密度ラックを1/4ラック単位から利用できです。

MCデジタル・リアルティ
の特徴をさらに詳しく

MCデジタル・リアルティ
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

新技術を駆使して
シンプル&高機能化
マイグレーション
マイグレーション
こんな方に
  • レガシーシステムから脱却したい
  • 柔軟性・拡張性の高い構成にしたい
  • 事業拡大に備えたい
さらに

クラウドサービスなどを組み合わせることで、フルマネージドかつメンテナンスフリーな設計も可能です。

おすすめの会社は…

カゴヤ・ジャパン株式会社

クラウドソリューションはもちろん、ベアメタルサーバーなど様々な手段を用いて最適な環境を提案できます。また、拡張性に優れたHCIをプライベートクラウドとして構築し、定額料金で利用できる点も魅力。

カゴヤ・ジャパンの
特徴をさらに詳しく

カゴヤ・ジャパン
公式サイトはこちら

電話で問い合わせてみる

※調査対象の選定条件(すべて2023年5月24日調査時点)
Googleにて、サーバーやネットワーク機器、ストレージなどを含むキーワード「ハードウェア リプレース」で検索した際に表示されるサーバーリプレースソリューション(サービス)を持つ会社31社を調査し選定。

・3選の選定条件1(フィールドワン)
調査対象31社の中で中古再生品によるリプレースに対応している会社のうち、保守・販売に対応している機器の種類(型番)が283種と最も多いため、様々な企業の環境に対応できる会社と判断。
・3選の選定条件2(MCデジタル・リアルティ)
調査対象31社の中で最多のデータセンター数(国内6か所・世界50か所)を持ち、かつラックの電力供給が平均9kWと最も高いため、コロケーションに適したデータセンターであると判断。
・3選の選定条件3(カゴヤ・ジャパン)
調査対象31社の中で最もマイグレーションにあたるサービス数が多い(クラウドサーバー・ベアメタルサーバー・プライベートクラウドパッケージ・HCIサービス・HPCサービス)ため、
マイグレーションに関する豊富な知見を持つ会社と判断。

   
【特集】
サーバー寿命が5年と言われる理由は?
コストを削減できる延命措置にも注目!